40歳超えるとセラミドは大きな助けとなってくれます

私はお肌には自信がありました。
しかし40歳を超えた超えたあたりから、スキンケアをしても回復がそれほどなかったり、ちょっとした傷や日光でくすみやシミが残ってしまったりしてしまうのが懸念でした。
その原因はセラミドにあるそうで、角質細胞間脂質に4割も含まれていて、若いお肌を作っていく手助けをしています。
ですが、加齢とともにそれが減っていく傾向にあり、お肌がカサカサになりやすいわけです。
しかも残念な事に、このセラミドを自然に増やすことは難易度が高く、直接吸収するのは難しかったのです。
食品で摂取する事も可能ですが、主に生いもこんにゃくや、米やパイナップルで、米はともかく他のものは毎日とるのは難しいでしょう。
そこで適切なサプリメントがないかと、ベストケンコーで見つけたのがダイセル こんにゃくセラミド ピュアセラミド1800 90粒入でした。
調べてみたところいくつかの魅力があって、一つはお肌に潤いを与える点で、セラミドが細胞の隙間に入るこむ事によって、余計な水分の蒸発を防いで、綺麗なお肌にしてくれます。
次に、乾燥しやすいお肌に強くて、乾燥肌の改善に一役買ってくれます。
また、単にお肌に浸透するだけでなく頭皮にも潤いが浸透しやすいというのも大きなポイントというのは大きな強みでした。
お肌以上に、頭皮の痒みも心配だったので、ベストケンコーの定期購入を活用して利用してみたところ、お肌以上に神に潤いが戻ってきたように感じました。
ベストケンコーのレビューを見てみますと、髪が美しくなったという批評が多かったのですが、それはセラミドがお肌以上に、髪に含まれており、また傷んだ髪の修復改善効果も期待できるからなんですね。
昨今髪の毛がぼさぼさでしたが、しっとりしてまるで絹の様に感じたのは、このサプリメントを使い始めてからです。
効果の云々はおいておいても、髪の毛の痒みが無くなったのはうれしいですね。
髪の毛をかきむしると、頭皮に悪影響が出るだけでなく、毛根もダメージを受けるといいますから、これだけでもこのサプリメントを飲んでよかったと思います。
しかもこんにゃく由来のものですから、変な副作用もなく長く続けられそうだなと感じました。
40歳を超えると、色々な部分に問題が生じてきます。
しかしそれは様々な体を守る部分が弱っているという事ですから、今後もベストケンコーのサプリメントや、日々の生活態度の改善でこうした問題を解決していきたいものですね。